転職サイトに20代で未経験でも無料で申し込み職業を得て稼ぎましょう

*当サイトはアフィリエイト広告を使用しております
20代男性 職業を転職サイトで探している Enjoy Career Asia
20代の方は,JOB型の新雇用制度を考えましょう

20代で転職サイトをお使いになられるということは、前職で何かあったか学生時代が長くてなかなか就職出来ておられない方も存在しており本編ではそのような方で転職をチャレンジしてみようと思われておられる方へ向けて書きます。

後半では、他のブログでは言及していない、JOB型雇用が進むにあたってあなたが新しい考えで職業を選択される為の注意点を纏めてあります。

まずずばり、20代に最もおすすめの転職サイトは下記の2社です。

即登録が可能であなたの20代向けで最適なアジアでの転職をアレンジ可能な→【マイナビジョブ20’s】

ここからまずは登録

マイナビジョブ20’sで相談


スポンサーリンク

他のお勧め20代向けの転職サイト

なぜ転職サイトと連携した方が良いのかな?

まずは、あなたの今まで勉強されてきた強みと最大限引き出してくれる助力をして頂けます。

具体的には

1)履歴書・職務経歴書(海外ではCVと言います)を魅力的に作るかのアドヴァイス

まずは書類選考で落ちないように支援があります。第一関門ですね。

2)次はあなたにあった会社の紹介です。

3)面接の練習、的確に想定質問に答えられるかの練習

転職サイトに登録しているヘッドハンターは、プロですので頼って助けて頂きましょう。

私も今の会社は転職サイト経由転職しており、良かったと思っております。

未経験だとまずは応募する職種を良く考えましょう

一般的には以下の職種が未経験の場合入りやすいと言われております。

1)事務系

2)営業系

しかしながらこれからの新しいJOB型雇用の新雇用形態になっていく中で専門性をつけていかないと余程の営業成果など上げないと後で苦労する可能性が高いと推測されます。

キャリアアジアでは、この変化する雇用形態に合わせて職種を選ぶ際にもできる限り将来も見据えた選定ができるようにアドヴァイスを行っていきたく考えております。

JOB型雇用が既に開始されている

専門職の方々のイラスト
これからは、JOB型雇用が確実に進むので対策が今から必要です。

ジョブ型雇用とは、職務内容(ジョブ)を明確に定義して職務記述書(ジョブディスクリプション)等で具体的に特定し、その職務を遂行するにふさわしいスキルや実務経験を持つ人を採用する手法の事を言います。

必要な知見や技術、経験のほか、勤務時間、勤務地などの勤務条件についても採用前に提示し、合意した上で雇用契約を結びます。

ある意味では、業務委託契約の内容に近くなったと言えるかも知れません。

ジョブ型雇用は、元来欧米で主流の雇用形態でしたが、時代の変化とともに日本でも採用されるようになりました。

最近では、日立製作所など複数の大手企業がジョブ型雇用を導入するなど、従来の雇用制度の在り方を見直す動きが顕著です。

ここで考えなければならないのが、JOB型雇用になっていくことで、あなたの長いこれからの人生どのようにあなたの価値を高めてよりいい人生、より高い報酬を得れるかを考える必要があります。

単に安易に営業職・事務職を選ぶだけでなく、その中でも少しでもあなたに専門性が付くようなお仕事をされていくことをお勧めします。

ビジネスがグローバル化し、専門性が高まる中、国際競争力を上げるには、デジタル人材をはじめとして、専門性の高い人材の存在が欠かせません。
このような時代に合った人材を獲得するために、スキルや職務内容を限定し、明確化したうえで、特定の職務に特化したスペシャリストを採用する傾向が高まっているのも、ジョブ型雇用の導入が進んでいる背景のひとつです。

未経験・微経験のITエンジニア転職なら【ツギノシゴト】

デジタル人材の候補者の写真
デジタル人材の将来は明るいです。

KIMINARAとマーズキャリアがお勧めの理由

マイナビジョブ20’以外にはお勧めは、

KIMINARA

君なら大丈夫!

求職者と人材紹介会社とをマッチングする今までにない新しいサービスで、職においてあなたがやりたいこと、できることを転職に活かすとともに、 実績のある約300人の中から人材紹介会社、キャリアアドバイザーを紹介するサービスです。

正直、エージェントにも優秀な方とそうでない方、又あなたに合うか否かによってその結果は

大きく変わるのでKIMIHARAさんのこのエージェント紹介システムはお勧めです。

KIMINARA(キミナラ)

次は、マーズキャリアさんです。

マーズキャリアも未経験で大丈夫!以下から至急無料登録

(20代営業職向け)

特徴

1)最大5回までの模擬面接

2)履歴書などの作成指導

3)年収など条件交渉からアフターフォローまで完璧

すべて無料で対応を丁寧にして頂けます。

又特に経験がご不足されておられる未経験の方への優しい対応で有名です。

大丈夫です。

ぜひTRYしてみましょう。

すべて無料で対応を丁寧にして頂けます。

又特に経験がご不足されておられる未経験の方への優しい対応で有名です。

大丈夫です。

ぜひTRYしてみましょう。

20代におすすめの転職サイトランキング

おすすめの転職サイト

おすすめ転職サイトおすすめポイント
リクルートエージェント・業界最大級の求人件数
・転職支援実績No.1
マイナビエージェント・20〜30代の転職支援に強い
・営業職やIT/WEB系求人が多い
ビズリーチ
・ハイクラス転職特化の
転職サイト
・年収1,000万円以上の
求人が3分の1以上
・フリーター/既卒/第二新卒向け
・転職成功率86%以上
・書類選考時に企業にご登録者様
の強みをアピールする事で
書類通過率93%超え
・選考企業毎にカスタマイズ
された面接対策を無制限に実施
・入社した方の生の声を元に
入社後の働き方や満足度も
お伝えするので、入社後の
イメージが湧きやすい
・個別サポートとスクール
形式を選べる (※どちらも完全無料)
・平均20時間のサポート
(面接対策のフィードバック
を繰り返すことにより内定率
を確実にアップさせております)
20才代で未経験の方が応募できる就職サイト
リクナビNEXT

転職サイトUZUZさんの口コミ評価

転職サイト登録の流れはどのようになっているんだろう?

一般的な流れは以下5つのとおりです。
1. 本編から登録する転職サイトを決める
2. 転職サイトに簡単登録(数分)
3. 連絡を受けて履歴書、職務経歴書をアドヴァイス貰いながら作成する
4. 求人に応募
5. 企業との面接・内定

まずはあなたにあった転職サイトを決める

まずはじめに転職サイトを決めます。良く求人を探す前に、自分がどのようなキャリアを歩みたいのか、今後どうなりたいのかなど検討するように書かれているブログもありますが、それが良く分からないから本編を読まれていると考えて纏めてあります。

大丈夫です。

良く事前に自己分析をした方が良いと言われておりますが、就職サイトへ誘導するうたい文句なので注意しましょう。

動きながら相談の中で自己分析に近いところに良ければ大丈夫です。

転職サイトに登録する

自己分析が終わったら、転職サイトに登録します。本記事でおすすめした転職サイトに登録し、自分が希望する求人を検索していきます。

転職サイトでは、ご希望の勤務地や年収、職種、業界など、さまざまな条件を入力して検索することができます。この段階では、とにかく多くの求人を見ることを心掛けてコンタクトあるのをまずは待ちましょう。

応募書類を作成する

自分が気になる求人を見つけたら、受かる受からないは別としてとにかく応募してみてください。

入社するかどうかは内定後したあとに考えればよいので、とにかく応募数を増やすことが大切です。

応募書類は、主に履歴書と職務経歴書です。

また、職務経歴書の書き方などは就職エージェントによっては指導をしてくれます。特にUZUZさんは書類選考率が高くなっております。

求人に応募しましょう

履歴書や職務経歴書を揃えたら求人に応募しましょう。添付書類を付けて送れば完了です。

応募すると企業からDMが届きます。おおよそ1週間で企業から書類選考の結果が届くので、お待ちください。

Dodaによると、各年代別の応募社数の平均は22.2社です。

Dodaの平均応募者数データーから引用

面接・内定

書類選考に通過すると、面接へ進みます。おおよそ2回から3回の面接で内定となります。

企業からのプラチナスカウト経由で選考を受ける場合は、1次面接から始まるために内定まで至る確率は15%と計算できます。

『doda』のプレミアムオファーでは、企業側が厳選してスカウトメッセージを送っているため、実際の内定確率はもう少し高く20%程度と想定できます。

この数字は当然応募者の資質及び就職エージェントにより変わります。

転職サイト利用の際の留意点

ここでは、20代のあなたが転職する際の留意点をあげておきます。

転職の回数が多い方は?

短い期間に、何度も転職するのはリスクと機会があります。リスクには仕事適性が合うのか、経験不足などがありますが、機会としては新しい仕事の情報やサービスを学ぶことなどがあります。

ここでは、転職を何度も繰り返す上でのベストプラクティスを紹介します

1)企業が転職者を採用する際の方法として、転職エージェントを活用することがあります。

それは、転職歴が長い場合でも、今までの経験から変化の機会にもっていく意思表明がある場合、応募者を検討する上で逆に有利な位置付けという考え方のもとに運用されています。

2)企業が転職が多い候補者を採用する際に取る対策において、転職エージェントは非常に適切で有効なものです。この転職エージェントにアプローチして、人材募集プロセスに乗っかることが可能です。

また、効率的な課題内容設定や仮想面接の機能など使いやすいツールも転職エージェントには充実しており、有効活用して採用を勝ち取れるように役立てましょう。

3)もし企業が転職が多い人を採用する際、リスク回避の目的で、応募者の背景チェックを行うことがあります。また、面談やグループディスカッションなどのインタビューの目的から面接方法を常に準備して受け入れ心理学的なアプローチも有効です。

Q&Aなど一定のスキームも準備しておくことで、面接を有利に行うことができます。

業種を絞り過ぎず、柔軟に対応する

転職サイトに登録するとスカウトからコンタクトがありONLINEで面談が行われますが、あまりこの業界でないとだめだとか絞り過ぎないことをお勧め致します。

あなたの年齢と希望勤務地、報酬難度をマッチングさせるのがスカウトの仕事であるので柔軟に対応する姿勢を示すことも大切になってきます。

のが良いですが、内定したからといって無理に転職する必要はありません。

転職エージェントの情報だけでなく、自分の今の環境や状況を見て転職を決めるのがおすすめです。

まとめ

転職サイトに無事登録が出来た女性の映像
転職サイトへ簡単に数分で登録してオファーを待ちましょう

JOB型雇用を意識しながら、今後どの分野であなたの可能性を試していくかを良く考えましょう。

以下から登録され無料相談をまずしましょう。


各キャリアの専門家である転職エージェントに
無料相談ができます

登録は無料(簡単)たったの3分!

(UZUZへ登録して相談をしましょう!)

第二新卒でも未経験者でも大手企業に就職は本当にできるものですか?
最近よくJavaプログラマー(新卒、第二新卒、未経験)募集!なんて広告を見かけます。 新卒は、当然未経験なんですが第二新卒ってどのような方が該当してあなたのキャリアを軌道に乗せていけるのでしょうか?本編は第二新卒に焦点を当てて解説していきま...


にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました